子宮内膜症

子宮内膜症の結婚していない女性が今すぐにできること【妊娠希望の人向け】

子宮内膜症の結婚していない女性が今できること【妊娠希望】
将来、子どもがほしい人に読んでほしい

子宮内膜症がある女性で、【早く結婚したいけど、今すぐには無理だ】という人に伝えたいことを書きました。子どもを望んでいる人向けのお話です。

<簡単なプロフィール>

子宮内膜症・卵巣嚢腫もちの非モテ女子が婚活で結婚できた経験をブログに執筆中。現在は、二児の母。今でも、卵巣嚢腫があり定期的に婦人科へ通院しています。
▼この記事がオススメな人
  • パートナーはいるけど、今すぐに結婚出来ない
  • パートナーはいない

どちらにしても、今この瞬間からできることをお伝えします。

 

子宮内膜症の結婚していない女性が今すぐにできること

子宮内膜症の結婚していない女性が今すぐにできること

子宮内膜症などの婦人科系の病歴があり、未婚で、将来子どもがほしいと思っている女性が未来のために今できることを3つ考えました。

  • 子宮内膜症の現実を知る
  • 不妊治療ついて先取り学習する
  • 期限を決める

順番に説明していきます。

子宮内膜症の現実を知る

子宮内膜症の現実を知る

これは、女性の人生をコントロールするために一番必要なことだからです。

世の中には、子宮内膜症のことをちゃんと理解している人が本当に少ない。

ネットをみていると、間違った知識で時間を無駄使いしている女性が多くてハラハラしちゃいます。

私は何度も子宮内膜症やほかの婦人科系の病気も含めて、知識をつけよう。勉強しようと書いてきました。

それは、正しい知識が私の人生を助けてくれたからです。子宮内膜症に限らず、知識は目に見えない形で私たちの人生を導いてくれます。

それが厳しい現実だとしても、です。

子宮内膜症の主な症状は痛み不妊です。内膜症は生理が来ると悪化する病気なので、閉経までつきあっていく病気です。

そして、子宮内膜症の女性の30パーセントは不妊です。

知っていましたか?

よくネットの掲示板で、【内膜症だけど医者には妊娠には問題ないといわれた】とか【婦人科では不妊のことを聞いていない】という書き込みをみかけます。

みんな、甘くない??

世の中には、うまくいく人とうまくいかない人がいます。

子宮内膜症でも、何の問題もなく妊娠できる人とどんなに不妊治療を頑張ってもできない人がいるのです。

そこで、自分がうまく妊娠できる側に入れると勝手に思って、のほほんと生きるのはもったいなくないですか?

だって、子宮内膜症になっている時点で運が悪い方でしょ…。

30パーセントって10人中の3人だから、結構起こる可能性が高いです。それなのに、自分は運のいい方に入ると思い込んでいる。

私はこわいです。めちゃくちゃ、こわかった!!

今は婦人科系の病歴がない健康な女性でも、不妊で悩んでいる人はたくさんいます。

そして悲しい現実だけど、卵子も年齢とともに老化します。

そこに、子宮内膜症だから30パーセントの確立で不妊になる…。

子宮内膜症で子どもがほしい人の人生って厳しすぎる…。

もう、絶望ですよ。私は非モテ要素もあったから、本気で結婚できないんじゃないかと落ち込みました。

でも、一回どん底まで落ち込んだから【早く結婚したい】と素直に思うことができて、必死にもがいて、婚活して、ようやく結婚できました。

人って【本当に○○したい】って心の底から思わないと、行動に移せないのです。

だから、1度真剣に子宮内膜症と向き合ってほしい。もっと真剣に自分の体のことを知って、結婚・妊娠について考えてほしい。

偉そうなことを言っている自覚はあります。でも、絶対その方が後悔しない人生をおくれます。

それだけは、私が保証します。

1日でも早く、子宮内膜症の現実を知ってください。

子宮内膜症についてはこのサイトをみれば、一通りのことがわかります。

不妊治療ついて先取り学習する

不妊治療ついて先取り学習する
まだ、結婚もしていないのにどうして?

それは、自分が不妊になるという前提で結婚・妊娠に備えて準備すると、子どもを持てる確率が高くなるからです。

日本は不妊治療大国ですが、他の先進国よりも治療成果がでていません。なぜなら、不妊治療を開始する年齢が高いから。

不妊治療では、【女性の年齢】が子どもができるかできないかを大きく左右します。だから、1日でも早く不妊治療専門の病院へ行って、治療を開始することがベストです。

それなのに、みんなスタートが遅過ぎる!

もちろん、不妊症の方全員が治療をする必要はありません。パートナーと話し合って、治療をしない選択や東洋医学だけに頼るのもアリです。

でも、多くの人は…

  • 不妊だと認めたくない
  • 不妊治療が怖い
  • 不妊治療のお金がない
  • パートナーの理解が得られない

などの理由でなかなか病院へ行けないのです。

しかし、今から不妊治療のことを少しでも知っていたら、未来をいい方向へ変えられます

不妊の仕組み、病院の選び方、不妊治療の進め方、パートナーとの接し方など。

正しい知識があれば、適切な病院を選んで最初から大金がかかるケースは避けられる可能性が高いです。不妊治療の具体的な内容や進め方を知っていれば、不安な気持ちは減らせます。

パートナーとも結婚前から不妊治療について、真剣に話し合うことができれば、病院にすぐ通える状態を整えられます。

どうして結婚前なのに、そこまで必死でしなくちゃいけないの?

それは、(現代の科学では)卵子は若返らないからです。

どんなにお金を積んでも、取り返せないものがあります。それが卵子です。

私が実際に不妊治療を通して、何度も痛感した事実から言っています。男性不妊の場合でも、卵子の質によって子どもができるかできないかが変わってきます。

後から【もっと不妊について知っていれば、子どもが出来たかもしれない】と思わないように、今知ってほしいのです。

もし、あなたが不妊にならなければ【よかった〜。心配して損したわ】で済ませればいいだけの話。

婦人科系の病歴がある女性は時間との勝負です。子どもが本当に欲しいなら、時間を無駄にすべきではありません。

もっと、もっと、時間を大切にしてほしい。

だから、未来の自分のために、不妊治療について先取り学習しましょう。

不妊治療で全国的な有名な病院です。私はここのサイトを見て、婚活・結婚前から勉強していました。

結婚・妊娠の期限を決める

結婚・妊娠の期限を決める

結婚するまで・妊娠するまでの期限を自分で決めましょう。

私は何度も、婦人科系の病歴がある女性は時間を大切にしてほしいということを伝えてきました。

それは、年齢を重ねるほど不妊になる可能性が高いからです。

日本では、結婚を経てから妊娠するケースが多いですね。だから、もう自分で【〇歳までに結婚する】と決めちゃってください。

そして、次は【〇歳までに子供を生みたい】と自分で決めるのです。心のおもむくままに、自分の気持ちだけで、直感的に決めてみましょう。

パートナーがいる人は、自分が決めた年齢と今の状況を見直して、本当にその選択でいいのか考えてください。

今すぐ結婚できない理由は何ですか?納得できる理由ですか??

納得できないなら、私は他の男性を探してほしいと思います。だって、子どもがほしい子宮内膜症の女にとって時間はお金よりも大切なものだから。

パートナーがいない人には、自分で決めた期限を実現するために、ぜひ積極的に出会いをつかみに行ってほしい。

私は結婚までのスピードが早い婚活を選択しました。時間との勝負だってことを知っていたから。

友達の紹介や合コンでの出会い。社会人サークルや仕事の同僚、とにかく何でもいいので、結婚願望のある男性と一人でも多く会う機会を増やしましょう。

世の中には何も意識せずに、適齢期に結婚・出産をする勝ち組の女性がいます。

私の友人にもいました。アラサーになって、付き合っていた彼氏から交際1年でプロポーズ。結婚してすぐに妊娠。

自然に生きていたら、自然に結婚と妊娠できましたっていうタイプの女性。

一方わたしは、22歳で子宮内膜症になり、自分の人生をいやらしいほど計画して、モテないから婚活も必死になって、それでやっと結婚です。

妊娠も時間がないため、結婚してすぐに不妊治療です。

私は悔しかった。婦人科系の病気がない健康な女性の体がうらやましかったし、非モテだったからモテる女性が嫌いでした。

何よりいろいろ人生を考えて、準備していくしかない自分がみじめに思えたから。

でも、今は幸せです。好きな人と結婚できたから。子どもも運よく授かることができた。

もし結婚できなくても、子どもができなくても、結婚しよう・妊娠しようと努力した私は絶対に残るから。後悔しない人生を歩めていると思う。

他人からみたら、かわいそうな人生かもしれないけど…。チャレンジしてみて、本当によかったと心から思ってる。

だから、パートナーの都合に振り回されている女性やパートナーがいない女性に言いたい。

あなたが私と同じように婦人科系の病歴があって、結婚したい・子どもがほしいと思うなら、期限を決めて行動してみませんか?

結局は、今の自分を受け入れて、自分で人生をコントロールしていくしかない。残念ながら、ほかに道はない。この人生の主人公はあなたしかいないから。

結婚・妊娠の期限を決める。自分で決める。

人生は思い通りにいかないけど、決めた方向に進んでいくものだから、一度試してみてほしい。

子宮内膜症の結婚していない女性が今すぐにできること:まとめ

 

  • 子宮内膜症の現実を知る
  • 不妊治療ついて先取り学習する
  • 結婚・妊娠の期限を決める

 

知識を武器に、自分の人生を自分で決めて、戦ってほしい。それだけです。

 

ABOUT ME
ゆいゆい
ゆいゆい
管理人のゆいゆいです。子宮内膜症・卵巣嚢腫もち、彼氏いない歴=年齢、太ってるの非モテ女子状態で婚活にトライしました。現在は結婚して、2人の子どもがいます。ブログを通して、ハンデもち女性の婚活を応援しています。