子宮内膜症

【子宮内膜症の婚活】いつ彼に病気のことを伝えたらいいの?

【子宮内膜症女性の婚活】いつ彼に病気のことを伝えたらいいの?

 

いつ子宮内膜症のことを伝えたらいいのか教えます。

 

これは、子宮内膜症等の婦人科系の病歴があって婚活している女性が一番悩むところですよね。

 

子宮内膜症・卵巣嚢腫で恋人いない歴=年齢の非モテ女子が、婚活をして無事結婚。リアルな婚活体験記を書いています。

 

私も結構悩んで何パターンか試しました。

 

失敗した経験もあるので、これを読んでいる人は私みたいに無駄に傷ついてほしくない。だから、ぜひ最後まで読んでほしいと思います。

 

そして、病気のことを伝えたらひとつだけいいことが起こります。そのチャンスを絶対に逃さないでほしい!

 

この記事では、こんな疑問や悩みにお答えします!!
  • 子宮内膜症のことをいつ伝えるのがベスト?
  • 病気のことを伝えるのが早すぎた!私の失敗談
  • 病気のことを伝えたら、あなたにチャンスがやってくる!それを最大限に活かそう

 

【婚活】いつ彼に子宮内膜症のことを伝えたらいいの?

婚活:いつ彼に子宮内膜症のことを伝えたらいいの?

 

使っている婚活のサービスにもよりますが、基本的に真剣にお付き合いをする段階で伝えるのがベストです。

 

理由は、それがちょうどいいタイミングなんです。

 

よく考えてみてください。

 

同じ女性でも、健康な人は子宮内膜症や他の婦人科系の病気にくわしくありません。男性ならなおさらですね。

 

初対面やプロフィールをみる段階で子宮内膜症などの婦人科系の病歴を知らせてしまうと、子どもがほしい男性の大半がびっくりしてちょっと腰が引けてしまいます。

 

だから、あまりにも早い段階で子宮内膜症のことを公表すると事実以上のマイナスイメージをもたれる可能性があります。子どもが生めない…とかね。

 

もちろん、利用している婚活サービスで病気をプロフィールに記載するルールがあったり、仲人さんから書いた方がいいとアドバイスされている方は別です。

 

しかし、病気のことをいつまでも伝えないわけにはいきません。子宮内膜症は妊娠・出産にかかわる病気です。

 

子どもを望んでいない人でも、夫婦生活や日々の生活に影響する病気なので必ず伝えましょう。

 

しかし、伝えるのが遅くなりすぎると【なんで早く言ってってくれないんだろう?俺のことを信頼していないのかな】と思われてしまう可能性だってあるのです。

 

そして、お互いに婚活をしているのなら時間は大切ですよね。相手が病気のことを知ってどう思うのか、どう行動するのかはわかりません。

 

相手のことを想うなら、真剣にお付き合いをはじめる段階で伝えましょう。その方があなたの信頼度もグッと高まります。

 

もしかしたら、病気のことが理由でフラれるかもしれません。

 

でも、他人のことを自分と同じくらい大切にできる人は、すぐに新しい相手が見つかって結婚できます。

 

だから、勇気をもって伝えてください。

 

 

初対面→数回デート→真剣にお付き合いを申し込む(申し込まれる)★

 

 

この段階★でしっかり相手に子宮内膜症のことを伝えましょう。

 

もし、あなたがすでに結婚を前提としたお付き合いをはじめているなら、すぐに相手に伝えることをおすすめします。

 

言いにくい気持ちもわかりますが、遅くなればなるほど不利です。相手は不信感を覚えます。

 

ここは思い切って、早めに相手に伝えてください。

 

子宮内膜症で婚活した私はこの時に伝えました

子宮内膜症で婚活した私はこの時に伝えました

 

私は上にも書いた通り、真剣にお付き合いをはじめる段階で伝えました。

 

具体的に言うと、結婚を前提としたお付き合いを申し込まれたその日です。

 

なんとなく告白されるだろうなと分かっていたので、私も覚悟を決めていました。

 

伝え方・言い方の内容についてはまた別の記事で書きますが、この時に一番意識したことは、真剣に伝えるということです。

 

軽い気持ちだったり、ちゃかして冗談のように言ってはいけません。子宮内膜症は女性だけの病気ですが、結婚すれば相手にも大きな影響を与えます。

 

真剣に相手に向き合って伝えれば、あなたのまっすぐな気持ちは伝わります。だから、目をそらさずにしっかり相手に伝えてください。

 

そして、伝えるには子宮内膜症のことを簡単に説明する必要があります。男性はどうしても自分事として考えにくいので、わかりやすく言わないと病気のことを知ってもらえません。

 

そのためにも、女性自身が子宮内膜症のことを知っておく必要があります。

 

ちなみに、プロフィールの段階や初対面の時に子宮内膜症のことを伝えたこともありました。

 

結果は、だいたいビビってました。残念ですが…ちょっと引いていましたね。

 

 

もちろん、メッセージのやりとりなら【そうなんだ。大変だね。】で済みますし、会っている時も見え見えの態度ではありません。

 

でも、だいたい心の中では彼女候補から落ちたり、後回しになっていたはずです。

 

よくよく考えれば、相手のことをあまり知らない段階で男性にとっては全く知らない病気(しかも子どもに関わる病気!!)のことを言われても、どう受けとめたらいいかわかりませんよね。

 

よっぽど、タイプの女性なら違うかもしれませんが、あなたがただの彼女候補なら…かなり戸惑うはずです。

 

そして、【子宮内膜症って子どもが生めないんでしょ?】と変な勘違いをされる場合もあります。

 

実際、私はそう言われて傷ついたことがあるから…。

 

だから、数回デートを重ねてより親密になってから、病気のことを伝えた方がいいのです。

 

親密度が上がっていたら、相手も真剣に話を聞いてくれますし、あなたも伝えやすくなります。

 

勇気がいることには変わりないですが、相手がまじめな人ならあなたの勇気をちゃんと受け取ってくれます。

 

伝えるのは勇気がいるけれど、ひとつだけいいことがある

伝えるのは勇気がいるけれど、ひとつだけいいことがある

 

子宮内膜症ってだけで、ハードルあがるね

 

コレ、本当にそうです。ただでさえ肉体的にしんどいのに、婚活ではメンタルを削られることが多いです。

 

でも、これはチャンスなんです。よく考えてみてください。

 

普通の健康的な女性なら、こんなにデリケートでマイナスな(になるかもしれない)ことを真剣交際の段階で言いませんよね。

 

だから、この機会に相手のことも聞いちゃえばいいのです。

 

自分から先に子宮内膜症のことを伝えて、最後に

 

【もし、言いにくいことがあったら今伝えてほしい】

 

と言うのです。自分から先に言っているので、相手に対して失礼にはなりません。

 

婚活っていつかはお金のことだったり、家族のことだったりを腹をわって話さなければいけません。

 

そうしないと、なかなか結婚まで進まないから。逆に、ぶっちゃけた話ができたカップルは結婚まで早く進みますよね。

 

だから、この最大のチャンスに相手のことを聞いておきましょう。

 

なかなか相手の言いにくいことを聞き出せる機会ってありませんから、この際すべて話してもらって、それから相手との関係を考えていけばいいのです。

 

まさに、ピンチはチャンス!!なんですね。

 

まとめ

いつ彼に子宮内膜症女性のことを伝えたらいいのか?

 

それは、結婚を前提とした真剣交際に入る段階で伝えましょう。

 

子宮内膜症の女性にとってはとても辛いことですが、勇気をもって真剣に伝えてください。

 

その際に、相手にも【言いにくいけど、何か伝えたいこと】がないのかを聞きましょう。

 

なかなか聞きにくい話題ですが、自分が子宮内膜症のことを先に告白しているので、失礼にはなりません。

 

この機会を最大限に活かして、彼と本音をぶつちゃけた話し合いをしてみましょう。

 

 

ABOUT ME
ゆいゆい
ゆいゆい
管理人のゆいゆいです。子宮内膜症・卵巣嚢腫もち、彼氏いない歴=年齢、太ってるの非モテ女子状態で婚活にトライしました。現在は結婚して、2人の子どもがいます。ブログを通して、ハンデもち女性の婚活を応援しています。